2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.08.30 (Tue)

「毒殺協奏曲」 アミの会(仮)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

毒殺協奏曲 アミの会(仮)

致死量に詳しすぎる女、正統派の毒殺、ネットで知り合った女、身近すぎる毒、毒より恐ろしい偶然…サスペンスから本格まで、一冊に閉じ込めたバラエティ豊かな毒物語集。

【目次】
伴奏者(永嶋恵美)/猫は毒殺に関与しない(柴田よしき)/罪を認めてください(新津きよみ)/劇的な幕切れ(有栖川有栖)/ナザル(松村比呂美)/吹雪の朝(小林泰三)/完璧な蒐集(篠田真由美)/三人の女の物語(光原百合)


アミの会(仮) 第二弾(〃∇〃)

あれれ?女性の会じゃなかったかなと思っていたら、有栖川さんと小林さんはゲスト参加だったみたい。
「毒殺」というテーマで行くと、男性人より女性作家さんの方が面白かったです。

毒殺なのにユーモアがあったのが柴田さん。
なるほど。ここでシリーズものを出してきたか。
1冊しか読んでないけど知ってるシリーズ。

毒殺系でここまで笑っちゃう展開というのも珍しい。
だからか、こればかり印象に残っちゃった(笑)

あとは新津さんが好きーー。

柴田さん以外はどれもこれも雰囲気暗くて・・・(笑)
あとがきに「アンソロジーだからかぶらないようにお互い気を付ける」と
ありましたー。
そうなんだよね。
アンソロジーとか読むと似ている内容があったりするし。
でも、そういう意味で行けば「暗い」という以外はいろいろな毒がありまして
面白かったです。

関連記事
05:00  |  アンソロジー  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3100-705a24db

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |