igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「バベル九朔」 万城目学

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

バベル九朔 万城目学

作家志望の「夢」を抱き、雑居ビル「バベル九朔」の管理人を務めている俺の前に、ある日、全身黒ずくめの「カラス女」が現れ問うてきた…「扉は、どこ?バベルは壊れかけている」。巨大ネズミの徘徊、空き巣事件発生、店子の家賃滞納、小説新人賞への挑戦ー心が安まる暇もない俺がうっかり触れた一枚の絵。その瞬間、俺はなぜか湖にいた。そこで出会った少女から、「鍵」を受け取った俺の前にー雲をも貫く、巨大な塔が現れた。著者初の自伝的?青春エンタメ!

苦手な設定でした。
パラレル系、ファンタジー系。
ようするに自分の中で妄想出来ないパターンです。

読むときはどんな本でもある程度頭で図ができるのだけど、
こういうのになると貧相な脳みそで変換できなくて(笑)

苦労しました。

で、物語の途中で「バベルを持続するのは『無駄』というエネルギーだ」とか
言われるワケですね。
一次選考すら通らない小説を書くこと=無駄
と言われている主人公なのですが、

しかし、この本を読んでいる私の今こそバベルが持続しちゃうのではないの?

なーんて思ったり。
今この時間こそ「無・・・ごほごほ」
まぁ、そんな感じでしたよー。

まぁ万城目さんはホルモーとか喋る鹿など独特な設定が多いんだけど、
今まではかろうじて付いていけたけど、今回はダメだったー。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する