2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2016.08.31 (Wed)

「彩雲国秘抄 骸骨を乞う」 雪乃紗衣

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

彩雲国秘抄 骸骨を乞う 雪乃紗衣

数多の名宰相・名大官が名を連ね「最上治」の誉れをとる彩雲国国王・紫劉輝の治世。だがその陰には、いまだ知られぬ多くの過去と未来、邂逅と訣別、生と死の物語があった…。王の宰相・鄭悠舜が最後まで探し求めた“欠けた翼”とは?(「雪の骨」)玉座を狙い、そして破れた旺季。それでも歩き続ける彼の行く果ては(「霜の躯)」を収録。骸骨を乞うーそれは主君への最後の別れ、去るときの言葉。魂を揺さぶる「彩雲国物語」真の完結巻。

単行本を以前借りたのですが、文庫化にあたり書き下ろした話があるようで。

戦略ですね( ̄∇ ̄*)

その書下ろしが劉輝と劉輝の娘、重華の話というのだから
きっとファンはたまらないだろう。

この本は途中で作者が劉輝の敵キャラ・・・っていう言い方はおかしいけど
劉輝と対立するサイドにえらく心を奪われたみたいでかなり偏った書き方を
してました。
作者なのに・・・と思ったし、ネット(読書メーターだけど)でも書かれてました。

だからのこの書下ろし「秘話 冬の華」か?
「こうして書いたんだから文句ないでしょ」
と作者に言われている気がした(笑)

いや、作者は劉輝のことは嫌いではないと思う。
そこそこ好きなんだろうけれど、劉輝を守るべく側近にイライラしていたのだろうなー。
っていうか、そこを自由に動かすのも作者ではないかと思うのだけど。

しかし長かった彩雲国も1つの歴史が終わったなー。
読んだ後にしみじみと思いました。

しかし久しぶりの彩雲国だったので、ラノベ特有の文章の書き方に少し
引いてしまいました(笑)
もうねー。こんなところが自分のおばちゃんなところだと思う(TωT。)
関連記事
05:00  |  雪乃紗衣  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3078-86960675

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |