2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.07.29 (Fri)

「公家武者松平信平 狐のちょうちん」 佐々木裕一

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

公家武者松平信平 佐々木裕一

公家鷹司信房の子・信平は庶子であるため門跡寺院に入るしかない。坊主になりたくない信平は十五歳の時に、将来家光の正室となっていた姉の孝子を頼って江戸に出た。家光は信平に五十石の禄高と深川に百五十坪の土地と屋敷を与えた。こうして貧乏旗本暮しを始めた信平は持ち前の気品と秘剣で江戸の悪を斬ってゆく。

面白い設定ですねー。
読んでてとても楽しかった。
痛快時代劇ファンの作家さんとのことですが、確かに痛快部分が大量にあります。
実は身分が高いけど、貧乏暮らしだったり、剣の達人だったり。
まだまだ隠された部分がありそうです。
3年の月日が経っても自分の事を「麿」と言い、着ているものも貴族のそれ。
でも身分は武士。
ユニークです。

お世話係の葉山とお初もいいキャラです。
知らないうちに結婚し、まだ顔も見てない相手である松姫もかわいらしいです。
(五十石では嫁に出せんと言われている最中w)

今はまだ「結婚相手の松姫」に興味のない信平なので、
別に石数を増やそうと考えてないところがまた面白いでうs。

関連記事
05:00  |  佐々木裕一  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

面白そうですね~。

表紙のかわいらしい絵に手を出しにくい感じがありますが、その割に固い題名で、どんな内容なんだ!?と思ってしまいます。

でも、感想を読むと面白そうなので、本屋で探してみます!
DONA |  2016年07月29日(金) 14:31 |  URL |  【コメント編集】

●>DONAさん。

おはようございます(´∀`)
貸してくれたかりんトウさん曰く「ファンタジー」とのことですが、私が想像してたド・ファンタジーとは違って読みやすいです。
どんどん出世していく話なんだろうなーと思って読んでます(^^)
igaiga |  2016年07月30日(土) 08:16 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3074-698bfe91

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |