igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「公家武者松平信平 十万石の誘い」 佐々木裕一

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

公家武者松平信平 十万石の誘い 佐々木裕一

将軍家光の正室となった姉を頼って十五歳で江戸に出た公家鷹司信平は、五十石の旗本となり、今は千四百石となった。明暦の大火で屋敷を焼失、妻で紀州藩主の愛娘・松姫も火傷を負い紀州で治療中。そんな折、大火で跡継ぎを喪った徳川親藩十万石の藩主が信平を娘婿にすべく、将軍家綱に直訴。強引な手段で信平に婿養子を迫る。松姫と父の紀州侯は…。書き下ろし長編時代小説。

【目次】
信平、大名屋敷に乗り込む/十万石の誘い/土地争い/酔いどれ兵武


酔拳みたいなおっちゃんが登場した(笑)
個人的には好きだなー。酔っぱらうと強くなっちゃうおっちゃん。
しかも、覚えてないからどのくらい強いか分からないし、
相手の強さもわからない(笑)

1話ゲストだと思うけれど再登場したら楽しいなぁ。
ちょっと酔ったくらいじゃダメなのよ。
泥酔しないと(笑)

で、今回ようやく松姫と一緒に暮らせることになりましたが、
それ以前に「自分ところの養子に」というワケわからん爺が登場するのですが、
松姫のお父さんが何気にいいヤツで。
今までは憎き(?)舅かと思っていたら「自分が頭を下げて済むなら」と言う。
いいお父さんじゃないか。お舅さんじゃないかとほろっときました。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する