igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「暗幕のゲルニカ」 原田マハ

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

暗幕のゲルニカ 原田マハ

反戦のシンボルにして20世紀を代表する絵画、ピカソの“ゲルニカ”。国連本部のロビーに飾られていたこの名画のタペストリーが、2003年のある日、忽然と姿を消した…。大戦前夜のパリと現代のNY、スペインが交錯する、華麗でスリリングな美術小説。

元々、美術と造詣が深い作家さんのようです。
知らなかったんだけど、だから美術系の作品が多いらしい。得意分野ってことか。

自分的には今のところパッとした作品に出会ってなかったのですが、
今回直木賞候補になったという本作品を手に取りましたー。



が。



やっぱり評価は変わらずかなー。
現在の瑤子の章とピカソが生きてるドラの章っていうのがあるんだけど、
ドラの章がなんか分かりにくい。
ピカソについてあまり知らないからなのかもー。

まぁそういうレベルなので、ドラの章なんかなくても瑤子の章をもう少し濃くしてくれたらいいのに。
と、思ったわけです。

あとは美術を見る目ゼロってことにも敗因が・・・(笑)
ただ「綺麗」ばかりだからなー。
それ以外の感情を絵では感じたことがない・・・のだ(。・ω・。)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する