igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「惑星カロン」 初野晴



惑星カロン 初野晴

コンクールと文化祭を経て、ちょっぴり成長した清水南高吹奏楽部。さらなる練習に励むハルタとチカのもとに、またもや難題が持ち込まれてー!?チカが手に入れた“呪いのフルート”や、あやしい人物からメールで届く音楽暗号、旧校舎で起きた“鍵全開事件”、謎の楽曲「惑星カロン」との出会い…。頭脳明晰な美少年ハルタと、元気少女チカの名コンビがおくる珠玉の青春ミステリ!

【目次】
チェリーニの祝宴ー呪いの正体/ヴァルプルギスの夜ー音楽暗号/理由ありの旧校舎ー学園密室?/惑星カロンー人物消失


相変わらずハルチカの明るさ(もしくは能天気さ)とテーマの重さにくらっときます。
今回はデジタルツイン。
クローンってワケじゃないけど、死んでしまった○○さんだったらどう答えるだろう。
というのをデジタルでどうのこうのっていう・・・

重い・・・

そしてハルチカというか、特にチカとチカママが明るい。
いいなー。ハルタも含めてこの3人は。
あ。ハルタのお姉さまたちもいいですね。
「バッカスの会」という飲み会。
「バカとカスの飲み会」とハルタが言ってましたがそういう考え方もあるかも(笑)

ハルタと買い物に行って服を選んでもらったチカですが、羨ましいなー。
こういう人近くに欲しいかも。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する