igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「邪魅の雫」 京極夏彦



邪魅の雫 京極夏彦

「殺してやろう」「死のうかな」「殺したよ」「殺されて仕舞いました」「俺は人殺しなんだ」「死んだのか」「-自首してください」「死ねばお終いなのだ」「ひとごろしは報いを受けねばならない」昭和二十八年夏。江戸川、大磯、平塚と連鎖するかのように毒殺死体が続々と。警察も手を拱く中、ついにあの男が登場する!「邪なことをするとー死ぬよ」。

先に読んだ2冊と陰摩羅鬼での榎さんが結構明るく活発だったので
今回の沈んだ雰囲気の榎さんにちょっと衝撃でした。

京極堂曰く「あれも人ですから」

ということで、人間らしい榎さんです。
今回は関口さん頑張ってました。
この人は生きていくだけでもかなり大変なのでしょうが、それでも友人のためにとあちこちで歩きましたねー。

陰摩羅鬼に登場してた大鷹という元刑事がいろいろと事件を引っ掻き回します。
この本を持って京極さんはこのシリーズの版権を講談社から引きあげたそうです。
いわくつきの本です。
某作家さんと某編集者さんをこの本でこき下ろしているという事でしたが、
本当にそうなのかどうなのかは謎ー。
そう思えばそうも思えるし、でも大鷹は前から出てたよなーと思うとまたどうなのだろうとも思うし。

そういう事をこの本で書いたとすればねー。
何というか、この本の話の異質さがちょっと納得できるのよね。
読んでて陰摩羅鬼ほどの「なるほどねー」がないのですよ。
読み終わって「わっかんねーーー」と思ってしまったので。
混乱につぐ混乱でした。
過去に1回読んでるくせに。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する