igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「六の宮の姫君」 北村薫



六の宮の姫君 北村薫

最終学年を迎えた「私」は卒論のテーマ「芥川龍之介」を掘り下げていく一方、田崎信全集の編集作業に追われる出版社で初めてのアルバイトを経験する。その縁あって、図らずも文壇の長老から芥川の謎めいた言葉を聞くことに。「あれは玉突きだね。…いや、というよりはキャッチボールだ」-王朝物の短編「六の宮の姫君」に寄せられた言辞を巡って、「私」の探偵が始まった…。

タイトルからはあまり想像してませんでした。芥川と菊池寛の物語だったのですね~。
菊池寛は真珠夫人しか読んでないんだけど、芥川はまぁそこそこ読んでた。
同じ時代の人だったのか。

芥川賞とか直木賞とか作った・・・っていうのかなー。
まぁそういう人でしょ。
でも、芥川とは友人だったワケで・・・

とかなんとか。この本のタイトルとこの表紙の「私」の絵からは想像もつかない内容になってました。
もう「私」も卒論かー。
大学卒業するのかー。
相変わらず円紫さんは物腰が柔らかく素敵です。
いいなー。そんなおつきあい。
羨ましいったらない(笑)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する