2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.07.01 (Fri)

6月に読んだ本のまとめ & 復活しました

2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:21冊
読んだページ数:8522ページ
ナイス数:608ナイス

筆跡はお見とおし筆跡はお見とおし感想
タイトルで手に取りましたので「筆跡」に対して期待していたのですが、実際はそうでもなく、なんだかんだで足で解決してたような気がしました~。プロファイリングみたいなのを期待してたんだよー・゚・(ノД`;)・゚・ 
読了日:6月1日 著者:山下貴光


ポイズンドーター・ホーリーマザーポイズンドーター・ホーリーマザー感想
イヤな母親を書かせたら右に出るものはいないのではないかという・・・(笑)それだけにラストの話は気に入らないです。よーく見ると「書き下ろし」とある。確かに物語の側面という意味かもしれないけどこのイヤ~~~な感じのまま終わってほしかった。
読了日:6月3日 著者:湊かなえ


水底の棘 法医昆虫学捜査官水底の棘 法医昆虫学捜査官感想
お気に入りのシリーズです。あぁ・・・全部読んでしまったー。早く次回が読みたい。しかしこのシリーズを読んでいると大きいハエを見ると「どこかで死肉を食べているのでは?」と思うようになってしまった(笑)それにしても赤堀せんせーユニークすぎるww
読了日:6月5日 著者:川瀬七緒


6月31日の同窓会6月31日の同窓会感想
最初の恵麻の「親友」が「ジミティ」かと見せかけておいての・・って感じだったのかなー。ここ騙されるところです(笑)登場人物ほとんどがOGというすざましく濃い関係性だったような・・・湊さんと同じイヤミスながらも真梨さんの方がどこか笑える要素がある気がするんだけどなー。だから好き。
読了日:6月6日 著者:真梨幸子


海の見える理髪店海の見える理髪店感想
最後の「成人式」の話がよかった。自分たちで立ち直ろうとする気持ちが伝わりました。普段の荻原節みたいなのは控えめでシリアスな1冊となってます。昔は女の子も床屋に行ったもんだーーー。
読了日:6月8日 著者:荻原浩


空色の小鳥空色の小鳥感想
ラストの2~3ページで泣けた~。よかった。いい終わり方だった。最初は子供を切り札に使おうとたくらむ敏也でありましたが、確かにあの一族を相手にすると何か武器が欲しくなるかも。と言うくらい2時間ドラマに出てきそうな一族でありましたねー。なんだかんだで敏也は周りの人(日垣含む)に恵まれてました。
読了日:6月10日 著者:大崎梢


バラカバラカ感想
「最後こうなってほしい」と思うとそうならないのが桐野作品である( ̄ω ̄*)都市伝説扱になってしまった「バラカ」が気の毒でありましたが、誰を信じたらいいのか。本当に騙されてしまうなー。沙羅はやっぱりダメでしょー。簡単に考えすぎ。優子になついたのは何故?
読了日:6月12日 著者:桐野夏生


ピンクとグレー (角川文庫)ピンクとグレー (角川文庫)感想
面白かったけどねー。「傘をもたない蟻たちは」を先に読んでしまった私としてはあのレベルの物を求めてしまったのだよー( ̄▽ ̄;) やっぱりこの段階を得ての「傘をもたない蟻たちは」なのかな。もっともっと書いてほしい。楽しみにしてます。
読了日:6月14日 著者:加藤シゲアキ


サブマリンサブマリン感想
面白いは面白いんだけど読み終わったら違和感が。なんでだろうと思ったら、少年の更生、復帰を願う家裁調査官の話なのに結局は大人が悪いんじゃないかと。そう思えまして。ちゃんと常識とモラルをもった大人でありたいと思いました。
読了日:6月16日 著者:伊坂幸太郎


象は忘れない象は忘れない感想
また福島の本だったー。連続しちゃうとちょっと読むのも苦しいなー。しかもこの本って「小説」に思えない。福島の真実と言われても納得しちゃう。 原発によって恩恵を受けた福島の人たちが原発によって苦しんでる。リアリティがありすぎて読んでて辛かった。
読了日:6月17日 著者:柳広司


こんにちは刑事ちゃん (中公文庫)こんにちは刑事ちゃん (中公文庫)感想
続編(ワンちゃん)に期待(笑)面白かったですねー。なんっていうか赤ちゃん言葉で難しい言葉を話すっていうのも萌えるかもしれない(笑)変に赤ちゃんに対してリアルで近くにそういう赤ちゃんいたのかな?>作者さん
読了日:6月21日 著者:藤崎翔


のすりの巣のすりの巣感想
一気読みしましたが疲れたー(笑)大杉&美希は相変わらずって感じだー。一体どうする気なんだろう。この2人。しかしあの女1人に振り回されてましたね。男性の皆さん。
読了日:6月21日 著者:逢坂剛


先生、大事なものが盗まれました (講談社タイガ)先生、大事なものが盗まれました (講談社タイガ)感想
先生のキャラが本当に素敵なのだけど、設定についていけなかった。そこが「タイガ文庫」だからかなー。作者が北山さんだったので期待してましたが想像以上にライトな設定にだったと思う。
読了日:6月22日 著者:北山猛邦


六の宮の姫君 (創元推理文庫)六の宮の姫君 (創元推理文庫)感想
タイトルからはあまり想像してませんでした。芥川と菊池寛の物語だったのですね〜。なんというか驚きと感動と難しさと(笑)円紫さんが相変わらず素敵な人で「私(っていうか名前だれ?)」羨ましいなー。
読了日:6月22日 著者:北村薫


下山事件完全版―最後の証言 (祥伝社文庫 し 8-3)下山事件完全版―最後の証言 (祥伝社文庫 し 8-3)感想
小説も好きだがドキュメンタリーも好きだー。身内に関係者がいて、しかも書き手はジャーナリスト。これってどういう展開に???と思わず一気読み。今まで思っていた下山事件よりもはるかに複雑な理由で殺されてしまった下山総裁。また後でしっかり読み返したいです。
読了日:6月22日 著者:柴田哲孝


アメリカ居すわり一人旅 (角川文庫)アメリカ居すわり一人旅 (角川文庫)感想
今から40年前くらいの話なので当時の群さんの考えに「へ??」と思ったり。そこら辺は時代かも。それにしても当時のアメリカ人からすると日本人は珍しかったんだろうなー
読了日:6月23日 著者:群ようこ


犯人にされたくない (ハヤカワ・ミステリ文庫)犯人にされたくない (ハヤカワ・ミステリ文庫)感想
面白かった。裏の尾行というマコーリフ流石刑事だー(笑)このシリーズをもう少し読んでいきたい。
読了日:6月25日 著者:パーネルホール,ParnellHall


陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) (講談社ノベルス)感想
再・再読。結果が分かっているとはいえ、物語の終盤へと向かっていく加速力はすごい迫力がある。関口のことを理解してくれる人がいてくれたってことは嬉しい(伊庭さんのこと)
読了日:6月26日 著者:京極夏彦


百器徒然袋-雨 (講談社ノベルス)百器徒然袋-雨 (講談社ノベルス)感想
再・再読。中禅寺ってこんなに笑う人だったっけ??と思ったが、榎さんが主役をすると映えるなーと榎さんファンの私としては思うわけです。それにしても「いつぞやのなんとかという人」って・・(笑)
読了日:6月27日 著者:京極夏彦


百器徒然袋 風 (講談社ノベルス)百器徒然袋 風 (講談社ノベルス)感想
今回もドタバタしてましたが榎さんのお父上が登場してましたー。榎さんにやたらライバル意識を持つ変な探偵も登場。しかしやっぱり榎さんには小手先のごまかしは通じなかった(笑)
読了日:6月29日 著者:京極夏彦


邪魅の雫 (講談社ノベルス)邪魅の雫 (講談社ノベルス)感想
それまで元気な榎さんばかり読んでたのでこのテンションの榎さんは正直辛かった。いろいろと曰く付きの本書ですが、そのせいか物語の設定はややこしく実菜ばかり登場してただただ混乱した。
読了日:6月30日 著者:京極夏彦

読書メーター


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

退院しましたっ!!

コメントくださった方、いつも遊びに来てくれる方本当にありがとうございました。
更新もしてないのですがとてもうれしく思ってます。
手術の方は本当に無事に終わりまして、術後の状態もかなりよく元気です。
疲れやすいところはあるのですが、日常を過ごせるって素敵ー。

ちょっとレビューが溜まっております。
忘れないうちにどんどんとUPしていきたいです。

関連記事
10:28  |  月別まとめ  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

こんにちは。

入院は大変だったでしょうが、お体はすっきりされたのではないでしょうか・・・。

真梨幸子さんは面白いですね。

暑さに向かいます、術後のお体おいといになって、たっくさん、本をお楽しみくださいね!。
KUON |  2016年07月01日(金) 10:36 |  URL |  【コメント編集】

●>KUONさん。

KUONさんからコメントいただけるなんてとても嬉しく思います。
ありがとうございますm(__)m
結構、入院前まではグダグダと考えてましたが、
手術が終わった時点でかなり気持ちがサッパリしました。
そのせいか順調に退院できました。普通でいるって本当に
いいものですね(^^)
真梨さん、新作まだ読んでないのですよねー。
近々読みたいと思います(^^)
igaiga |  2016年07月01日(金) 10:51 |  URL |  【コメント編集】

祝!復活!
退院おめでとうございます。まだまだ無理せず、体調を整えていって下さいね。
それにしてもすごい読書量!
DONA |  2016年07月02日(土) 14:48 |  URL |  【コメント編集】

●>DONAさん。

こんにちはー。
もう、京極4連発ですよ(笑)
この京極本4冊で、普通の本の12冊分くらいはあるんじゃないかと
思ってます(笑)

無理したくないですが、無理させようとする会社にやとわれてます(涙)
igaiga |  2016年07月02日(土) 15:18 |  URL |  【コメント編集】

●おかえりなさい!

退院おめでとうございます。
もう職場復帰もされている上に、こんなに更新が~!!
さすがでございます。
お仕事も介護もあるとなかなか休みきれないものなのでしょうね。
お疲れ様です。

でもでも。大事な身体ですから、あまり無理なさらず、どうぞご自愛くださいmm
ごろちゃん |  2016年07月05日(火) 13:25 |  URL |  【コメント編集】

●>ごろちゃんさん。

まぁ仕事はまだ肩慣らし程度です。
午後から出社したり、疲れたら帰ったり(笑)
そんなてきとーな感じで働いてます。
会社にいるだけで疲れるという事を実感している今日この頃。

介護に関してはほぼヘルパー任せなので何もしておらず
結局仕事も介護もほぼ何もしてない・・・(笑)
igaiga |  2016年07月06日(水) 09:37 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3036-867c9311

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |