2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.06.18 (Sat)

「象は忘れない」 柳広司



象は忘れない 柳広司

あの日あの場所で何が起きたのか(「道成寺」)、助けられたかもしれない命の声(「黒塚」)、原発事故によって崩れてゆく言葉の世界(「卒都婆小町」)など、エンターテインメントの枠を超え、研ぎ澄まされた筆致で描かれた五編。

【目次】
道成寺/黒塚/卒都婆小町/善知鳥/俊寛


また「福島」の本だった。
でも、これは桐野さんの「バラカ」のような「いかにも小説」とは違って生々しかったです。

小説・・・ではないよね。

というくらい。
実際に原発事故が起きるまでは「原発は何があっても安全、安心」と言われてきたわけで。
でも、決してそうではないからか、原発がそばにある町、村の人たちは恩恵を受けてるわけですよね。
就職が決まらなくても、ちょっと菓子折りを持っていけば東電の下請とか孫請けの会社にあっさりと就職が決まったり。
事故が起きるまではそこそこ潤っていた自治体だと思ってました。

原発がらみの本の中で一番読んでてきつかった。
まだ原発とか福島がらみの本で読んでないのは沢山あるけれど。
今まで何よんだっけ?
「蘇生」「バラカ」「アポロンの嘲笑」
がかなり強い印象。
他にもいろいろありましたが、これら以上に印象の強い1冊になりました。
関連記事
08:30  |  柳広司  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/3034-82d6dc26

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |