igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「サブマリン」 伊坂幸太郎



サブマリン 伊坂幸太郎

『チルドレン』から、12年。家裁調査官・陣内と武藤が出会う、新たな「少年」たちと、罪と罰の物語。

面白かったけどよくわからなかった。

家裁調査官ってことで、少年(もしくは少女)の更生と復帰を願って仕事をする公務員の陣内と武藤なんだけど、この本を読んでみると「少年」ではなく「大人」なんだよね。
結果的に問題を起こしているのは。
少年たちは巻き込まれているのか。

時に問題を起こす少年もいるけれど、なんだろう。この本は結局最後問題を起こしていたのは大人だった。

その結果に「ん??」と思ったわけです。
陣内の発言は時に煙に巻いてる?と思う事もある。
だから少しややこしい。

ちゃんと常識とモラルをもった大人にならなくては。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する