igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ラストフロンティア」 楡周平



ラストフロンティア 楡周平

いよいよお台場に建設されるカジノ場の企画運営を任されたチームは、政府の楽観的な計画を信用せず、世界のどこにもない「おもてなし」カジノを実現すべく奔走する。キーワードは「飲む・打つ・買う」。ニッポンが世界に誇る美食と、エキゾチシズム満点の賭場、そして極上の風俗サービスである。前例主義と省益を振りかざす官僚どもを打ち負かし、夢のカジノは果たして誕生するのか?


主人公の杉田が「クズ」という事で採用されたのですが、
それほどクズでもなくてー。
なんかもっとクズだったら面白かったのにと思った次第です。

確かに女の人にはだらしなかったかもしれないけど
それ以外では割と普通。っていうかかなりの常識人でした。
杉田に比べると柏木のほうがはるかに強烈な個性の人です。

お台場にカジノを作るために頑張る彼らですが、
日本ならでは・・・ってことで「丁半」を推していくワケです。
「丁か半か」って昔よくテレビの時代劇で見たなー(´∀`)
日本にとっては「懐かしの・・・」もしくは「やくざの・・」となるところを
外国の人にとっては目新しく映るワケです。
それをどう官僚たちに認めてもらうかっていう腕の見せ所だったのですが、
さきほども書きましたが主役がイマイチ常識人だったのでなんというか・・・
もう少しトリッキーな戦い方を見たかったという気持ちです。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する