igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「メビウスの守護者」 川瀬七緒



メビウスの守護者 川瀬七緒

バラバラ死体の「虫の知らせ」がおかしい!東京都西多摩で、男性のバラバラ死体が発見される。岩楯警部補は、山岳救助隊員の牛久とペアを組み捜査に加わった。捜査会議で、司法解剖医が出した死亡推定月日に、法医昆虫学者の赤堀が異を唱えるが否定される。なぜ遺体の死後経過と「虫の知らせ」が一致しないのか!

シリーズ4作目だった・・・( ̄▽ ̄;)
3作目を飛ばしてしまった―。
でも、読んでいる限りでは全く影響はなかった。
岩楯の私生活に変化があったくらいで、赤堀とどうのこうのってことはなかったみたい。

私は今まで赤堀せんせーを「心優しき天然の法医昆虫学者」だと思ってましたが、
どうやら「やられたらやり返す」性格も持っていたらしい。

天然ではなかったのか・・・?
しかも、反撃がピンポイントにイヤな所をつきます(笑)

今回も面白く、今回もなぜか赤堀が危険な目に遭う。

また3作目に戻って早く読みたいところです。
こんな個性的でステキ~なキャストですが実写化されても絶対見ないと思う(笑)
関連記事
こんにちは。
私もこのシリーズ好きです。そして実写化されても絶対みないと思います(笑) 段々慣れてきたーと思ったけれど今回もうげっとなっちゃいました。でもそういう作品って意外と実写になったりするんですよね。

3作目は私的には虫平気な巻でしたけど、おもしろかったですよ。
ぜひぜひ読んでみてください。

[ 2016/05/26 19:18 ] [ 編集 ]
>さやさん。
3作目もゲットしましたー(´∀`)
もちろん図書館でですが(笑)

これは実写したらスタッフも俳優もイヤだろうなーと思います。
赤堀せんせーと岩楯刑事の変な信頼関係がいいですよねー。
そこはほっこりします。
[ 2016/05/30 09:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する