igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「叛徒」 下村敦史



叛徒 下村敦史

新宿署の通訳捜査官・七崎隆一は、正義感から義父の罪を告発したが自殺に追い込んでしまい、職場でも家庭でも居場所がない。歌舞伎町で殺人事件が起きた直後、息子の部屋で血まみれのジャンパーを発見した七崎は、息子が犯人である可能性に戦慄し、孤独な捜査を始めるがー家族を巡る贖罪の警察小説は、衝撃の結末を迎える。新乱歩賞作家、2作目の警察小説

この流れの展開からラストの読了感の良さにもってくるってすごいなーと。
結構強引な展開でもありましたけど、うまくまとめたなーとある意味ビックリしました。

主人公の七崎にとても違和感がありまして。
なんなの。と。
息子のためならそうするのか。それは正しいのか??やっぱり親なのか??
なんて思ってたんですけどねー。

でも、先が気になるのでサクサクと読みました。

オミヤと呼ばれる「田宮」という刑事がいるのですが、その田宮がなんというか
気の毒でならなかった。
彼を主役にした物語があってもいいかもしれない。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する