igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「神の値段」 一色さゆり



神の値段 一色さゆり

メディアはおろか関係者の前にも一切姿を見せない現代美術家・川田無名。彼は、唯一つながりのあるギャラリー経営者の永井唯子経由で、作品を発表し続けている。ある日唯子は、無名が1959年に描いたという作品を手の内から出してくる。来歴などは完全に伏せられ、類似作が約六億円で落札されたほどの価値をもつ幻の作品だ。しかし唯子は突然、何者かに殺されてしまう。アシスタントの佐和子は、唯子を殺した犯人、無名の居場所、そして今になって作品が運びだされた理由を探るべく、動き出す。幻の作品に記された番号から無名の意図に気づき、やがて無名が徹底して姿を現さない理由を知るー。2016年第14回『このミステリーがすごい!』大賞大賞受賞作。美術ミステリーの新機軸!

例のごとく「このミス」なのですが、このミスにしては面白かったです。
「枠を飛び越える」こともなく。ミステリー。
ただ、警察をあまり働かせたくないのか警察の登場は地味だった。
「あれ?そういえば警察登場してた??」ってくらいで。

犯人に関して意外性はなかったものの、佐和子が危ない目に遭うのではないかとヒヤヒヤしながら読みました。
私は美術に関しては全くの素人で何もわかりませんし、絵に何億も払う人たちの気持ちやプライドなども分かりません。

ただ一気読みしました。
わりとのめり込みました(^^)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する