igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「当確師」 真山仁



当確師 真山仁


莫大な報酬と引き換えに、当選率99パーセントを約束する敏腕選挙コンサルタント、聖達磨がこのたび引き受けたのは、最近、大災害時に備えた首都機能補完都市に指定された政令指定都市・高天(たかあま)市長選挙で、現職市長を打倒するというミッション。金、権力、検察、洗脳、服従、プロパガンダ。あらゆる手段を講じてのし上がり、今の地位を築いた現職の鏑木次郎の三選阻止のため、聖は、意外な人物を候補に擁立し、鉄板の市長の牙城に挑むがー。圧倒的な現職有利の中、身内をも分断し、裏切りに裏切りを重ねて壮絶化する高天市市長選挙。果たして次期市長に選ばれるのは?そして日本の民主主義の未来はー!?


お久しぶりの真山さんですが、正直ねー。もうちょっと面白いと思ってた。
以前読んだ「ベイジン」がかなり好きで、しかもあの本北京オリンピックの2~3日前に読んだので思わず本当の事かと錯覚するくらいだったので期待してたんですけどねーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。

最終的には棚ぼた感がどうしてもあるので、聖の力って感じがしなかったんだよねー。
「情報を取る力も必要なんだよ」と言われるとそれまでかもしれませんが、
その情報の類が棚ぼただっちゅーの。

なんだかこう、もっと奇抜な本かと思っていただけにちょっと残念。

あーそういえば今年は参議院選挙があるのかと。
選挙は一応必ず行ってます。
期日前にするか当日行くかは別として必ず出かけてますけどねー。

あー。感想が思い切りグダグダだ(笑)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する