igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「K2」 横関大



K2 横関大

理論派刑事神崎と、直感派刑事黒木。二人が組むと一筋縄では行かない事件がさらに複雑に!?猿が逃げ、警察官が人を投げ、バーに偶然犯人が登場する。不可思議な事件を捜査するのは、二人の刑事。数々の事件を解決した後に神崎が直面する究極の二択。同期の擁護か、決別かー。黒木が相棒にすらひた隠し守ろうとしていたものとは。すべてがつながる感動と興奮のラストまで、一気読み必至!

【目次】
勲章/失態/幽霊/力走/祝儀/因縁/決別


テンポがよく読みやすかったです。
コンビものの警察小説。

しかし黒木が仕事できすぎて、神崎が気の毒になる(^^;)
神崎も仕事ができるのに、なんだろう。
この黒木の人を食った態度。
最後まで黒木の掌で踊らされているか・・・と思っていたら~の
最後の話でしたが。

最後の話のどこか戸惑った黒木が逆に不自然で・・・
そこだけ素をさらすってどうなの??と思いましたが。

連作短編だったので気軽に読めました。

個人的には地に足がついている神崎の方が好きですが、
本の中では黒木はかなりモテるみたいです。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する