igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「化学探偵 Mr.キュリー 4」 喜多喜久



化学探偵Mr.キュリー4 喜多喜久


大学で暗躍する『互助組合』の謎。反応を掻き混ぜる以外に使い道のない“スターラー盗難事件”。切断された銅像と雪の上の足跡。そして今回、Mr.キュリーこと沖野春彦がなんと被害者に!?この事件の謎に立ち向かうのは、イケメン俳優にして「春ちゃんラブ」の美間坂剣也。沖野リスペクトによる化学的知識を駆使して新たな名探偵となれるのか!?

【目次】(「BOOK」データベースより)
化学探偵と猫騒動/化学探偵と互助組合の暗躍/「化学探偵」の殺人研究/沖野春彦と偽装の真意/七瀬舞衣と三月の幽霊


ほんのちょっとだけ2人の仲が進展しました。

最後の話⇒同日に沖野と舞衣がそれぞれ遭遇した事件。
面白かったです。こういう動機ってありそうだねーーー。
ちょっと小賢しいタイプっていうのはそうなんだ。
でもって、うまく自己表現が出来なかったりするとね、最終的に
「何をどうしたかったワケ??」と、犯人に突っ込みを入れたくなる。


今回登場した化学物質。
塩カルは雪国に住む人だったら普通に思い浮かぶ必需品ですが(我が家にもありますし)
それ以外の化学製品に関しては、何書いているかさっぱりわかりませんでした(笑)

理解できたら面白いんだろうなーと思うのですが、
本当に理科が苦手なもので、もう不思議な記号でしかないww
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する