igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「本屋さんのダイアナ」 柚木麻子



本屋さんのダイアナ 柚木麻子

私の呪いを解けるのは、私だけ。「大穴」という名前、金色に染められたパサパサの髪、行方知れずの父親。自分の全てを否定していた孤独なダイアナに、本の世界と同級生の彩子だけが光を与えてくれた。正反対の二人は、一瞬で親友になった。そう、“腹心の友”にー。少女から大人への輝ける瞬間。強さと切なさを紡ぐ長編小説。

今まで読んだ柚木さんの本で一番好き。
こういう話に弱い私はラスト号泣でした。

ダイアナという名前に「大穴」という漢字を当てるあたり、ダイアナじゃなくても改名したくなるよね(^^;)
私が「大穴」という漢字を使う名前だったらイヤすぎて外も歩けない。

そんな自分の名前にコンプレックスを持つダイアナは本好きの大人しい少女だったのですが、
彩子と会い、お互いに成長していく姿が良かったです。

8歳から22歳までの青春小説。
16歳でダイアナを産んだ母(自称、ティアラ⇒本名 有香子)
とても、聡明な頭脳を持った母なのに、結局のところ変な男と恋愛をして16歳で出産することになったんだなと、本を閉じた後にしみじみと思った。

そう・・・ダイアナの父親は呆然としてしまうくらいの男でありました。
「えぇーーーー???こんなんなの??」
と、かなり強烈なパンチをくらった感じです。

それでも、本好きにとっていろいろ共感できる本でした。
「赤毛のアン」もあんなに冊数がなかったらいつでも読み返すんだけど(笑)
冊数が多いのでイマイチ触手が・・・(^^;)
関連記事
なるほど
私も目下、一番面白かった柚木麻子の作品です。逆にこれ以上の作品を望むのも難癖に思っちゃいますね。ところで、

>とても、聡明な頭脳を持った母なのに、結局のところ変な男と恋愛をして16歳で出産することになったんだなと、本を閉じた後にしみじみと思った。

この辺、何か女性っぽい余韻(感想)ですね。読み終わった直後は、全員関係者にすることなかったってー!といつものイチャモンだったのですが、そこから冷静になると、彩子は良い感じのビッチ(メンヘラ手前)だったなぁ、と感心しました。イタいさじ加減が絶妙でした。
[ 2016/03/22 23:28 ] [ 編集 ]
同じく!
igaigaさんがこの手のお話に涙するって、意外なような気もするし、ありそうな気もする。

…と言いつつ、実は私もそうなのでした(笑)

柚木作品って、どちらかというと苦手意識があり、この作品も読もうかどうしようか迷った位なんです。
でも蓋を開けてみるとめっちゃ面白くて!
昔の読書体験を思い出しますよね。
[ 2016/03/23 06:32 ] [ 編集 ]
>Medeskiさん。
私も今までの柚木作品で一番好きですねー。

ところで女性っぽい感想でしたか??
えーーー。そうなのかも。

全員関係者にする必要はなかったのでは。という感想には激しく同意です。
私の場合は、親同士が関係者だった(しかも仕事の)というのは
別になくても良かったのではと思ったところです。

でも、この本は面白かったー。
[ 2016/03/23 08:31 ] [ 編集 ]
>chikuraさん。
私、家族モノに弱いんですよ(笑)
なんかねー、家族モノと、老人モノに激しく弱いんですよねー。
家族の絆とか、実はこうだったんだ。みたいなのにめっぽう弱く
ボロ泣きしてしまいます。

でも、同じ家族でも、今日UPした「モノクローム」の母親に
関しては全く何も湧きませんでしたが(笑)

私もイマイチ柚木さんの本は苦手ー。
柚月さんの本は大好き~。
[ 2016/03/23 08:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する