2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.03.08 (Tue)

「Aではない君と」 薬丸岳



Aではない君と 薬丸岳

勤務中の吉永のもとに警察がやってきた。元妻が引き取った息子の翼が死体遺棄容疑で逮捕されたという。しかし翼は弁護士に何も話さない。吉永は少年法十条に保護者自らが弁護士に代わって話を聞ける『付添人制度』があることを知る。生活が混乱を極めるなか真相を探る吉永に、刻一刻と少年審判の日が迫る。

相変わらずこの人の本は読了後、どっと疲れます(笑)

今回少年犯罪の話なんだけど、主人公が「少年Aの父親」

妻と離婚して、子供とも離れて暮らしている吉永からしたら降ってわいたような話。
でも、父親ですから息子のためにと頑張ります。

しかし、逮捕された息子は弁護士や取り調べに一言も言葉を発しない。

このままではダメだと思った父親は「付添人」制度を利用して付添人になるんだけど、
そこで知る驚愕の事実。

これに登場する殺された優斗という少年がいかにも宮部みゆきさんが書きそうな人間です。

文中で「心と体、どちらを殺すのが許されないの?」と息子が父親に聞きます。
それは、心を殺されたんだという息子からの問いかけ。
その問いに父である吉永は答えられないのですが、


そんなもん、体を殺す方が許されないに決まってるだろ。(by igaiga)


心を殺されても、心はまた再生するチャンスがあるかもしれない。
人によっては更生、再生するチャンスや機会が訪れない人もいるかもしれない。
でも、あるかもしれない。

体を殺されたら、永遠に体が再生するチャンスは「ない」

ないのよね。

そこなんだよねー。
分かるかな。14歳のキミに。と思ったものですが、とにかく読んで疲れました(笑)
毎回の事ですがテーマが重すぎる。
関連記事
05:00  |  薬丸岳  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

ホントにこの本は疲れますよね。
図書館から回ってきた時も、なかなか手が伸びませんでした(-_-;)
テーマが重すぎる…

かといって、薬丸さんに求めるものはその前の数冊のようにライトな作品じゃないんですよね。

”もう少しだけ軽く、だけどシリアスでメッセージ性のあるもの”を求めてしまいます。
好きな作家さんなので、求めるモノも大きいです(^^;
chikura |  2016年03月08日(火) 20:35 |  URL |  【コメント編集】

いつも別にこんな心にどっしりくる本なんか読みたくないんだよなー
と、思うんですけどね(笑)
他の方のレビューを読むとやっぱり読みたくなります。

毎回重いテーマに挑戦されてますよね(^^;)
で、ライトなのを書くと結構読メで批判されてますしww
igaiga |  2016年03月09日(水) 11:07 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2950-ada1347a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |