igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「嗤う淑女」 中山七里



嗤う淑女 中山七里

“稀代の悪女”蒲生美智留。天賦の美貌と巧みな話術で、人々の人生を狂わせる!!美智留の罠に徹夜確実!?ノンストップ・ダークヒロイン・ミステリー。

【目次】
野々宮恭子/鷺沼紗代/野々宮弘樹/古巻佳恵/蒲生美智留


白夜行みたいでした。
ダークなヒロインという触れ込みでしたが、やっぱり白夜行を読んでるとねぇ・・・

スマートではない(。・ω・。)

もう少し雪穂を見習いなさい。
ってワケでもないんだけど、何っていうか先に強烈なのを読んでしまうとどうしても
比べてしまうというこういう話にありがちな感想。

後半からはまた違った感じになり、最後の章になると驚きの展開に・・・
と、思っていたけど「こういう話」はきっと使ってくるだろうなと思ってましたので
あの「傷シール」の存在もとってつけたかのように怪しかったし。

でも、ラストのラストになるとやっぱりそうかーと思ったんですけどね。
「あの人にはこりゃ無理だろー」
ってことで、やっぱり悪女は悪女だったようです。

それにしてもターゲットってどうやって見極めるのか。
それは怖い。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する