igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「GOSICK PINK」 桜庭一樹



GOSICK PINK 桜庭一樹

新大陸に到着し、一弥の姉・瑠璃の家に身を寄せたヴィクトリカと一弥。自分たちの家と仕事を得るために張り切る一弥は、ヴィクトリカとともにさっそくN.Y.の街中へ。あらゆる人種に喧騒ー新世界の謎とも言うべき不可解な人々の暮らしが広がる街で、ふと目を離すとヴィクトリカの姿が忽然と消えていた。一弥がヴィクトリカを探しニューヨーク中を走り回る一方、ヴィクトリカは思わぬ人物と出会う。助力を請われ、戦時中に起きた未解決事件“クリスマス休戦殺人事件”の謎を解くことになるが…。ヴィクトリカの超頭脳“知恵の泉”が導き出した驚きの真実と、依頼人の正体とは!?大人気新シリーズ第三弾!(BOOKデータベースより)

可愛いシリーズなんだけど、時代は第一次世界大戦直後なのでどうしても戦争の話が多い。
そういえば一弥も傷痍軍人なんだよなーとふと振り返る。
そんな時代の背景と、一弥とヴィクトリカのヘンテコなやりとりのアンバランスさが楽しい。

アメリカに移住してきたはいいけど、仕事と家を探さなくてはいけないと躍起になる一弥に対して、「家とはなんだ」と不思議がるヴィクトリカ。
ずっと幽閉されていたので、「家」がわからなく、留置場でお世話になってしまった時に「ここに住む」と言い出す始末(笑)

「クリスマス休戦殺人事件」の謎は、思わず想像してしまいました。
なるほどねぇ。

ところどころで一弥に対する愛を口にするヴィクトリカではあるけれど
そういう時に限って一弥は気づかないww
このテンポがたまらなく好きであります。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する