igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「広岡浅子 気高き生涯」 長尾剛



広岡浅子 気高き生涯 長尾剛

幕末の京都に生まれ、大阪の豪商に嫁いだ広岡浅子。明治維新の動乱で傾きかけた嫁ぎ先を立て直すために奔走し、炭鉱、銀行、生命保険業を手掛け、実業家として活躍。さらに、女性の地位向上のために日本初の女子大学の設立にも貢献。ピストルを忍ばせて炭鉱に入るなど、豪快な逸話を残した不世出の女傑は、いかなる人物だったのか。時代背景や女性史を踏まえて追った評伝。

ってことで、「あさが来た」のモデルとなった広岡浅子の生涯の本です。
こういうシーズン物は妹が貸してくれます。

っていうか、村岡花子の本にしろ、マッサンの本にしろ、今回の本にしろ毎回よく買うなーと。
本を借りておいてなんですが毎回そう思う訳です。

この本は浅子の生涯をメインに書いている本なので、
信五郎に妾がいたとかそういう話はナッシング。
あくまでも浅子と信五郎って感じかなー。
だからこそ面白く読みました。

浅子だから信五郎だし、信五郎だから浅子だし。
この2人じゃないとなかなか上手くいかないだろう。
本を読んでるとドラマのまんま。
っていうか、ドラマが実物のまんま。
読みながらにんまりしてしまいました。

信五郎もやり手なんだよねー。
ただ競争心もなくのんびりしているから分からないんだろうけど、
紡績会社を作ったともあるのでそこには驚いた。
今の「ユニチカ」だそうで。

娘の名前が「亀子」というのだけは・・・(´;ω;`)
当時はいいのでしょうが、今だとクレームかもと・・・

関連記事
こんばんは~(*^ー^)ノ

妹さん、ミーハー(?)でいいですね!
話題のもの読めるし♪♪♪
朝ドラは楽しく見てますが、確かに亀子はwww

ドラマの元、原作を読むのはいいのですが…
いま、山猫と火村さんのドラマやってるじゃないですか?
見てます?

私は納得できないドラマです(-ω-;)
特に山猫(T△T)こんなだったっけ~??
[ 2016/02/13 21:20 ] [ 編集 ]
>かりんトウさん。
そうそう!!!(笑)
私も「山猫ってこんなんだっけ??」と思いましたよー。
かりんトウさんからお借りしてましたので手元にないのが
残念ですが違いますよね???
火村さんはともかくアリスがおかしいと思ってます。
若くて可愛すぎるww
同年齢って無理だろーと思ってます(^^;)
[ 2016/02/15 09:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する