2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.03.07 (Mon)

「美女と竹林」 森見登美彦



美女と竹林 森見登美彦

美女に会ったら伝えてくれ。俺は嫁を大事にする男だと。妄想と執筆に明け暮れた、多忙にして過酷な日々。森見登美彦氏を支えてくれたのは、竹林であった。美女ではないのが、どうにも遺憾である。虚実いりまぜて、タケノコと一緒に煮込んだ、人気文士の随筆集。

【目次】
登美彦氏は如何にして竹林の賢人となりしか/ケーキと竹林/竹林整備初戦/机上の竹林/森見登美彦氏の弁明/登美彦氏、清談に耽る/T君の話/登美彦氏、外堀を埋めて美女と出逢う/竹林は遠きに在りて想うもの/竹林へ立ち向かう四人の男〔ほか〕


森見さんが登場するので一見エッセイかと思うのですが、小説です。
でも、事実もあるんだろうなー。
どこまでが事実でどこからが冗談なのかww
(※9割冗談だと思ってます)

本上まなみさんとの対談がどうのとありましたので、おそらくこれは事実だとして、
それ以外は全く冗談でしょうねー。
とりあえず発想が冗談なので笑っちゃいますが、

「もしかしたら森見さんは竹林くらいもっているのかもしれない」

と、思ってしまうくらい竹について書いてます。
書いてますが、とにかく変(笑)

10日くらいかけてゆっくり読みましたので楽しかったです。
一気読みさせるくらいの情熱は森見さんのなかにはあったかもしれないけど、
私自身、それほど竹には興味ないのでのんびり読ませてもらいました。

まぁ男の大いなるロマンなのでしょう。
男のロマンは果てしなく大きいのですが、対象が「竹」というのがなんとも
モリミーらしい着眼点かと思いました。
関連記事
05:00  |  森見登美彦  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2924-8ccbccc7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |