igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「よみがえる百舌」 逢坂剛



よみがえる百舌 逢坂剛

元刑事が殺された。後頭部を千枚通しで一突き。伝説の暗殺者、百舌の手口だ。闇の彼方から百舌が帰還したのか?それとも、警察の汚濁に基づくあの事件を知っている者が始末されていくのか?いまわしい記憶に怯える女刑事・倉木美希の前に第二の殺人が起こる!野に下った大杉良太も友のために立ちあがる。警察の腐敗を告発し、サスペンスの極限に挑む逢坂剛の大ヒットシリーズの最新長編。

面白いんだけど、登場人物2人(大杉&美希)に「はぁ?」と時にいいたくなるのはどうしてだろう( ̄∇ ̄;
そんな本でした。
死んだはずの百舌が登場したりなかなか展開は気になります。
この本って1冊目で百舌が死に、2冊目でも百舌が死に・・・と百舌大量生産です。
一体どんなシリーズなんだろうと思うのだけど。

まだ次の本もあるのでそちらも楽しみですが、
なんだか大杉&美希にイマイチ感情がついていかないので本当は2冊連続で読む
つもりでしたが気持ち的に無理です(笑)

で、今回の本当の黒幕はちょっと分かりづらかったのですが、
行動してた「百舌」に関しては「やっぱりな」みたいなところはありました。
ちょっと混乱しますけれど。

この当時はちょうどケータイが出始めた頃でしょうか??
今ではケータイでやりとりが当たり前ですが、この当時はやっぱり不便ですね(^^;)
関連記事
こんにちは。

私も大杉と美希にいらっとしながら読みました。ついていけない感が満載でした。倉木が可哀想すぎてせつなかったです。
最近新刊もでたし人気あるんでしょうけどね…。やっぱり一冊目が一番おもしろかったです。

今年も一年間ありがとうございました。
私はこれから大掃除です(笑
[ 2015/12/27 11:20 ] [ 編集 ]
>さやさん。
ね!!
本当についていけない感じがありありで・・
何故いきなり下の名前で呼び合う??
とか理解不能でした(笑)
今発売しているこの本って松坂桃李くんが
表紙なんですよね。
一体誰役??気になります( ̄▽ ̄;)
いろいろな意味で・・・

今年もありがとうございました。
31日から休みなので大掃除できるかどうか・・( ̄▽ ̄;)
[ 2015/12/28 14:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する