igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「女王はかえらない」 降田天



女王はかえらない 降田天

片田舎の小学校に、東京から美しい転校生・エリカがやってきた。エリカは、クラスの“女王”として君臨していたマキの座を脅かすようになり、クラスメイトを巻き込んで、教室内で激しい権力闘争を引き起こす。スクール・カーストのバランスは崩れ、物語は背筋も凍る、まさかの展開にー。二度読み必至!伏線の張りめぐらされた学園ミステリー。2015年第13回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。

このミス~~

このミス受賞作にしては面白かったです。
ただ、「日本の警察、こんなに無能ではないだろー」と3章の「真相」を読んでビックリした。
まさかまさかでしたよー。
ありえるか。そんなの。

と、他にもいろいろとご都合主義が出てました。

久々に古典的な例のトリックにひっかかる。
多分、これはみんな引っかかるし、なんでわざわざこんなことをするワケ?
とも思ったけれど、最後の落としがあったのでこれも必要なのかと。

女は怖いが男も怖い。
ただ、読んでて可哀想なところもあったのです。
いくらワガママとはいえ、自分の子供はかわいいもので
そういう意味では親の心を思うと泣きそうになりました。

小学生時代のカースト制度。
ここまでみたいなのはなかった私の時代。
私は幸せな時代だったようです。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する