igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「天国でまた会おう」 ピエール・ルメートル



天国でまた会おう ピエール・ルメートル

膨大な犠牲者を出して、大戦は終わった。真面目な青年アルベールは、戦争で職も恋人も失ってしまう。画才に恵まれた若きエドゥアールは顔に大怪我を負い、家族とのつながりを断つ。戦死者は称揚するのに、生き延びた兵士たちには冷淡な世間。支え合いながら生きる青年たちは、やがて国家を揺るがす前代未聞の詐欺を企てる!

ちょっと考えちゃいますね。
「その女アレックス」のような痛快(?)というかあんな雰囲気でもなく、
第一次大戦後のフランス。
生き埋めになったアルベールを救った直後、砲弾の破片が顔に当たり顔の下半分を失うことになったエドゥアール。
それもまた気の毒ではあるんだけど、真面目なアルベールはそんなエドゥアールの世話をしながら自分の生きていく。
エドゥアールに助けられなければとっくに死んでいたアルベールなのでエドゥアールを命の恩人と
思うのは当然と言えば当然ですがそういう場面を読んでいると切なくなりますねー。
なんっていうか辛いというか。
戦争ってこうなんだよな。と。

読んでて爽快感はひとつもないんだけど(笑)
詐欺を企てながらも、心労とストレスでどんどんとやせ細って挙動不審になるアルベール。
あぁ・・・私もきっとこういうタイプだろうと思いましたが。

ラストはねぇーー。
まぁこれしかないのかな。
難しいところではありました。

「面白かった!」と言えないのがちょっと残念。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する