igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「ウォーク・イン・クローゼット」 綿矢りさ



ウォーク・イン・クローセット 綿矢りさ

「いなか、の、すとーかー」注目の陶芸家としてすべて順調だったおれなのに、郷里の村の工房に女ストーカーが現れて…。「ウォーク・イン・クローゼット」ガーリーで清楚なモテファッションのOL早希。素敵な服に囲まれて暮らすタレントのだりあ。そんなふたりの友情のゆくえは?

【目次】
いなか、の、すとーかー/ウォーク・イン・クローゼット


久々に綿矢作品。
今回もいい意味でぶっちゃけてラストがめちゃめちゃだった。
なんだろう。壊れている人を描くのがうまいんだよねーーー。

「いなか、の、すとーかー」はイケメン陶芸師がおばちゃんストーカーに悩まされるという
話なんだけど、実は・・・ってことでなんか分かりやすいドタバタが繰り広げてました。

ウォーク・イン・クローゼット」は趣味が服の手洗いという早希。
好きな男からは振られ、彼氏づくりの為
合コンでいいところまでいくも、がっつく男子にうんざりする日々。
なんだかねーー(笑)
可愛らしいです。
このしょーもない人生の歩み方がなんか好き。

芸能人のだりあとは幼馴染で彼女との友情やら何やら。
いい友情だなーと思います。
振り返ると私は結婚してからあまり友達と付き合わなくなったので
こういう友情を羨ましく思う時もあります。

たまにですが(笑)

しかし憧れの洋服も自分が来てみると妙に似合わないって
あるんだろうなー。ちょっと辛い現実(^^;)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する