2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.12.14 (Mon)

「スキップ」 北村薫



スキップ 北村薫

昭和40年代の初め。わたし一ノ瀬真理子は17歳、千葉の海近くの女子高二年。それは九月、大雨で運動会の後半が中止になった夕方、わたしは家の八畳間で一人、レコードをかけ目を閉じた。目覚めたのは桜木真理子42歳。夫と17歳の娘がいる高校の国語教師。わたしは一体どうなってしまったのか。独りぼっちだーでも、わたしは進む。心が体を歩ませる。顔をあげ、『わたし』を生きていく。

なんというか。
最後まで読んでみて自分の思っていたストーリーと違って衝撃ではありました。

たまにこういう本があるんだよねー。
自分の中で「きっとこうなるに違いない」と思っていたらそうならない本(笑)

結局はそういう事だったのか。
池ちゃんの言う通りだったのか。

読み終わってみて思う所はありますが。

でも、17歳でいきなり25年後に飛ばされて(?)
しっかりと元の桜木真理子のように国語の先生が出来るってどういうこと!?
かなり驚きました(笑)
適応力ありすぎww

娘の美也子も夫の桜木さんもすごくいい人で
温かく見守っている目線がありがたいなと思います。
関連記事
09:20  |  北村薫  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2886-6bd41be8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |