igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「陽気なギャングは三つ数えろ」 伊坂幸太郎



陽気なギャングは三つ数えろ 伊坂幸太郎

陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気づかれたギャングたちの身辺で、当たり屋、痴漢冤罪などのトラブルが頻発。蛇蝎のごとき強敵の不気味な連続攻撃で、人間嘘発見器成瀬ら面々は断崖に追いつめられた!必死に火尻の急所を探る四人組に、やがて絶対絶命のカウントダウンが!人気シリーズ、9年ぶりの最新作!(BOOKデータベースより)

久々の陽気なギャングです。
9年ぶりだってー。
懐かしいですね。
相変わらず年を取らないメンバー。
ただ、時代が変わっていく。
SNSなど当たり前に登場する設定です。

今回は銀行強盗よりも週刊誌記者と対決です。
ユニーク。相変わらずユニーク。
何気ない会話や物事がしっかりと最後に生かされていくので
「これがここで使われるんだー」と感動すらします。

あとがきで伊坂さんが「銀行強盗は犯罪なのにこんなに愉快に書いていいのか?」的なことを書いてました。
そんなことを言っていたらこの本の設定そのものがおかしくなるじゃないか。

ラスト爽快です。
スッキリしました。

多分、私は今まで久遠が好きだったと思うんだけど、
今回は響野がよかった。
なんだろう。この独特な雰囲気。
意味もない自信。
ポジティブな言動。
響野のすべてが面白かった。
関連記事
続編が出たんですね!このシリーズ大好きでした。でもずいぶん前に読んだので、細かい部分を忘れてしまったけど。続編、いつか読んでみよう~。そうそう、銀行強盗なのに愉快で爽快。 このハチャメチャ加減が伊坂さんの持ち味ですよね。

※さっきうっかり拍手コメの方に書いちゃったので、こっちに移しました(名前も変換ミスしてるし><)
あっちは消しちゃってくださいませ~。
[ 2015/11/24 08:03 ] [ 編集 ]
>limeさん。
9年ぶりの続編らしいです。
面白かったですよー。
愉快痛快。怪物くんみたいな書き方になりましたが(笑)
悪い奴が本当に悪い奴でイヤになりましたが(笑)
それでもこの手の伊坂さんの本は終わり方がスッキリするので好きです。
[ 2015/11/24 09:19 ] [ 編集 ]
久しぶりの続編。次が気になって一気に読み終えました。
今回もスカッとできて、よかったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
[ 2018/05/11 11:20 ] [ 編集 ]
>藍色さん。
いつもありがとうございます。
よろしくお願いしますv-298
[ 2018/05/11 15:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

「陽気なギャングは三つ数えろ」伊坂幸太郎
絶体絶命のカウントダウン! 史上最強の天才強盗4人組に強敵あらわる! 嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女―― 180万部シリーズ待望の最新作! 陽気なギャング一味の天才スリ久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う火尻を、暴漢から救う。だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。正体に気づかれたギャングたちの身辺で、当たり屋、痴...
[2018/05/11 11:12] 粋な提案