igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「アンタッチャブル」 馳星周



アンタッチャブル 馳星周

警視庁公安部の「アンタッチャブル」と捜査一課の「落ちこぼれ」コンビが爆破テロの脅威に挑む。数多のトラップの果て、前代未聞の大どんでん返しまで、一気読み必至!通快コメディ・ノワール!!(BOOKデータベースより)

はじめましての作家さんです。
こういう作風なのかな。と思っていたら読書メーターで「珍しい」「似合わない」と書かれてました(笑)
普段は割と硬派なハードボイルドなのかな。
主役の椿が伊良部せんせ(奥田さんのキャラ 空中ブランコとか)に見えて仕方ない。
そう思っていたら読メでも「伊良部か白鳥(←チームバチスタ)みたい」と書かれていたので
なるほどなー。やっぱりそっち系かと。

そんなワケなので限りなくドタバタです。
公安なんだけど、公安の窓際。
しかし椿は父親は警察の権力者だし、自分もキャリア。
好き放題してます。
で、北朝鮮のスパイを見つけ、そこにいろいろと公安内部のドタバタもあって・・・

ってことで読んでて疲れました(笑)
割と長いというかくどいというか。
もう少しページ数少なくても・・っていいたいくらい同じことを繰り返していた気がします。

最後は「なるほどねー」というよりも「どっと疲れた」という気持ちでした。
本来は硬派な話が多いようなので今度はそっち系を探して読んでみたいです。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する