igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「レッドスワンの星冠」 綾崎隼



レッドスワンの星冠 綾崎隼

その未来は『絶命』か『生還』か。復活を期す古豪チーム『レッドスワン』に、容赦なき決着の刻が迫るー。インターハイ予選で痛根の敗北を喫した赤羽高等学校サッカー部だったが、稀代の変わり者、女性監督、舞原世怜奈の奇策によってラストチャンスを得る。高校サッカー界最大の祭典、冬の全国選手権への出場が叶えばチームは存続、予選で敗退すれば廃部となることが決まったのだ。世怜奈の指導の下、戦力強化を図っていくレッドスワンにあって、選手生命を断たれた高槻優雅もまた“指揮者”として鍛えられていく。そして、監督より課せられた二つの難題に悩む日々の中、17歳になった優雅にも予期せぬ恋の季節が訪れて…。この情熱だけは、絶対に誰にも奪わせやしない。少年たちは輝く“星冠”を取り戻すため、最後の決戦に挑む。レッドスワンサーガ、誇りと覚悟の第二幕!(BOOKデータベースより)

スポーツ青春ものってバリバリのベタ設定でラストも先がよめたりするんだけど
それでも面白いなと思います。

割と好きなのかも。
飛び出せ青春系(笑)

今は21世紀だしそんなに汗と涙のど根性ってこともないので
読みやすいです。とにかく頭を使って使って使って勝負に徹する。

この分だとまた続くのかなと思うのですが
まぁそれはそれでもよい。
高校生だから恋もあるのだろうけれど、
スポーツ小説を楽しんでる身としては邪魔(笑)
そこの女子ども。邪魔をしないでおくれ。と思うんだけどねぇ。

おそらくこのシリーズはしばらくは優雅を選手としては登場させないんだろうなー。
どうなんだろうなー。
天才と言われたプレーぶりを読んでみたいものです。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する