2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.10.20 (Tue)

「探偵の探偵 Ⅳ」 松岡圭祐



探偵の探偵Ⅳ 松岡圭祐

完全警護の東京拘置所で殺傷事件被告人の連続死亡事件が勃発。監視カメラが捉えた人物は、紗崎玲奈にとって唯一無二の存在だった。真実はどこで決着をみるのか。死神への復讐は果たしたものの、琴葉に裏切られ虚ろな日々を送っていた玲奈が覚醒する。「探偵の探偵」四部作、壮絶なフィナーレ。(BOOKデータベースより)

一応完結。

・・・なんだろうけれど、ラストに「新章につづく」みたいに書かれてて。
続けなくてもキッパリ終わらせていいんじゃないかと思ったんですけどね。

物語の半分まで玲奈は生きる屍(^^;)
なんだか気の毒だけどモロいんだろうなー。
敵の人になんとかかんとかっていう精神病扱いされてたし。

今回の相棒(?)テレビ局のアナウンサーだっけ?
なかなか根性ある人でしたね。
登場した時はイヤなやつだなーと思ってましたが
だんだんと「頑張れ」と思うようになりました。

今回の時事ネタ「ドローンが首相官邸に2週間放置」はなかなか毒が効いててお気に入りです。
数ある時事ネタからこれを持ち出したかと思うとにんまりです。

結局のところ玲奈は琴葉を妹として思っていたってことなのね。
妹のようなものではなく、「妹」
だからこそ3巻の後半から4巻の中盤までは屍状態。

今回は「かわす事」を覚えたようで、玲奈自身はそうズタボロにならなくて
読んで安心しました(^^;)

関連記事
05:00  |  松岡圭祐  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2839-67915589

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

探偵の探偵IV

 シリーズ完結編に当たる松岡圭祐の「探偵の探偵Ⅳ」(講談社文庫)。前巻では、妹の敵である「死神」をついに倒した紗崎玲奈だったが、それは妹のように思っていた峰森琴 ...
2015/10/25(日) 22:24:57 | 風竜胆の書評

▲PageTop

 | BLOGTOP |