2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.10.17 (Sat)

「金魚姫」 荻原浩



金魚姫 荻原浩

勤め先の仏壇仏具販売会社はブラック企業。同棲していた彼女は出て行った。うつうつと暮らす潤は、日曜日、明日からの地獄の日々を思い、憂鬱なまま、近所の夏祭りに立ち寄った。目に留まった金魚の琉金を持ち帰り、入手した『金魚傳』で飼育法を学んでいると、ふいに濡れ髪から水を滴らせた妖しい美女が目の前に現れた。幽霊、それとも金魚の化身!?漆黒の髪、黒目がちの目。えびせんをほしがり、テレビで覚えた日本語を喋るヘンな奴。素性を忘れた女をリュウと名付けると、なぜか死んだ人の姿が見えるようになり、そして潤のもとに次々と大口契約が舞い込み始めるー。だがリュウの記憶の底には、遠き時代の、深く鋭い悲しみが横たわっていた。(BOOKデータベースより)

萩原さんらしい本だった。
他の作品でも言葉遊びとか多いんだけど
今回もまたそれが生かされてました。

金魚なのに人の姿にもなり、えびせんを食べてテレビを見る。
その姿は金魚とわかっていながらも面白く楽しい。
ブラック企業に勤めていてもう鬱寸前というか、鬱状態になるのにそこからの脱却。
挙句に死んだ人も視えるようになり、仕事もはかどるように(仏壇屋さんだから)

リュウ(金魚)はリュウでテレビを見、
明らかに「金麦だろ」というCMのパクリをし(笑)
最初はこんなかんじで笑わせてくれるんだよねー。

しかし最近の萩原作品は必ずしもそういうわけではなく、ラストはしんみり。

潤本人にしろ。
その後潤の前に姿を現さなかったリュウにしろ。
関連記事
05:00  |  荻原浩  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2836-75283e60

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |