igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「隠蔽捜査5.5 自覚」 今野敏



隠蔽捜査5.5 自覚 今野敏

“変人”キャリア官僚・竜崎の胸のすく活躍を、反目する野間崎管理官、“やさぐれ刑事”戸高、かつて恋した畠山美奈子、そして盟友・伊丹刑事部長ら個性豊かな面々を通して描く、会心の七篇。人気のキャラクターが勢揃いした満足度120%のスピンオフ!(BOOKデータベースより)

【目次】
漏洩/訓練/人事/自覚/実地/検挙/送検


短編ながら安定の面白さです。
どうして毎回毎回、一言がこうも的確なのだろうかと。
読んでて自分もストンときます。
特に「訓練」の畠山美奈子に対してのアドバイス。
これはくるねー。
くるけど、こんなこと考えてるのかなー。竜崎さん。
読んでてストンときたけれど、正直驚いたよ(笑)

竜崎さんに対してなんとかごまかそうと思う人たちも
いるんだろうけれど、結局は正直に白状しなくてはならない。
で、その指示があまりにも的確なので
「なんで自分は今まで隠そうとしていたのだろう」となる。
そうだよねー。
変人と言われてるけれど、やっぱりすごいね。
今回の短編は竜崎と一緒に働く人たちがメインでもあったので
また大森署の違った一面を見ることが出来ました。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する