2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.10.05 (Mon)

「絶唱」 湊かなえ



絶唱 湊かなえ

心を取り戻すために、約束を果たすために、逃げ出すために。忘れられないあの日のために。別れを受け止めるために。「死」に打ちのめされた彼女たちが秘密を抱えたまま辿りついた場所は、太平洋に浮かぶ島ー。喪失と再生。これは、人生の物語。(BOOKデータベースより)

【目次】
楽園/約束/太陽/絶唱


最近、湊さんはこっち系の作品が多いです。
短編かと仕掛けつつ、登場人物がリンクしてて・・・という。
最後につながるというか、まぁ最初からつながっているのですが。

「なぜにトンガ!?」と思ったら湊さん自身「青年海外協力隊」として2年間赴任していたそうです。
なんか分からないけどすごい!!
その時の経験が生きていると思う。
トンガのシーンはめちゃリアリティありました。

最初のマリエの章ですが、なかなかマリエも行き当たりばったりでちょっと考え
られない行動をとるような人ですが、これに登場する母親がものすごくイヤすぎて

これは紛れもなく湊さんの本(・ω・)

と、納得しました。
そのくらいイヤな母親。安定の湊節。

トンガが舞台ですがもう1つの舞台・・・
おそらくこちらをメインに書きたかったと思います。
阪神淡路大震災。
この震災を経験した人たちのその後です。
その時大きな体の傷を負った人もいるし、
心の傷を負った人もいる。
あれから十何年後。
そんな世界が書かれてました。
関連記事
05:00  |  湊かなえ  |  トラックバック(1)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2817-1ba3757a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

「絶唱」湊かなえ

悲しみしかないと、思っていた。でも。死は悲しむべきものじゃない――南の島の、その人は言った。心を取り戻すために、約束を果たすために、逃げ出すために。忘れられないあの日のために。別れを受け止めるために――。「死」に打ちのめされ、自分を見失いかけていた。そんな彼女たちが秘密を抱えたまま辿りついた場所は、太平洋に浮かぶ島。そこで生まれたそれぞれの「希望」のかたちとは? 〝喪失〞から、物語は生まれる...
2016/04/01(金) 12:51:42 | 粋な提案

▲PageTop

 | BLOGTOP |