2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.09.23 (Wed)

「朝が来る」 辻村深月



朝が来る 辻村深月

「子どもを、返してほしいんです」親子三人で穏やかに暮らす栗原家に、ある朝かかってきた一本の電話。電話口の女が口にした「片倉ひかり」は、だが、確かに息子の産みの母の名だった…。子を産めなかった者、子を手放さなければならなかった者、両者の葛藤と人生を丹念に描いた、感動長篇。(BOOKデータベースより)

面白かったよー。
このBOOKデータベースからイメージする話とは違ってて
一気にぐいぐい読みました。
養子をもらうことになった栗原夫婦の葛藤と
産んだ子を手放すことになった片倉ひかりの心情がうまく書かれていた気がします。

でもね、結局のところは子供が子供を持つとこうなるんだよなー
という典型的な転落人生。
まだ全然おつむは赤ちゃんなのに、
「私は子供を産んだのよ。あななたちとは違うのよ」
という考えが出る時点でおこちゃま。

こういう時は女の子は割を食うというか損をするというか。
男は何事もなく普通の学生生活。
うーーーーーーーむ。
ひかりも可哀そうではあるんだけどね。

しかし、転落しすぎだろー。
子供を産むのは大人になってからのほうがいいんだろうね。きっと。
ひかりを見て特に思った。
それにしても、最初から「養子である」と周りにも公言しながらも
わが子のように大切に育てる栗原夫婦はいいね。
朝斗も可愛かったし。

ただ、ケーサツがなんで行方不明者として探してたんだろう。
誰が通報したのか?
ちょっとそこだけ気になった。
関連記事
12:03  |  辻村深月  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2812-e92c361c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |