igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「祝もものき事務所 4」 茅田砂胡



祝もものき事務所4 茅田砂胡

凰華の大学時代の先輩である芹沢達也が、開設したての「もものき事務所」に依頼を持ちこんだ。だが、太朗は初手から「理解不能な」理由で大遅刻!怒りに震える秘書の凰華とともに向かった先では、敷地内で遭難できそうなお屋敷での複雑怪奇な相続争い!?もものき、最初の事件。(BOOKデータベースより)

相変わらず2時間ドラマみたいな展開で何が何だか・・・
登場人物もものすごく多いんです。

とにかく資産家で敷地が東京ドーム5個分とか
なんだそれwww
そのくらい大きい家の当主が亡くなったので遺産相続やら跡継ぎ問題やら。

無関係だと思っていた自分が「後継者」呼ばわりされたのでこの先いったい何がどうなるのか分からないから見届けてほしい。という不思議な依頼にモモちゃんたちが巻き込まれるのですが。

そんな中、「自分は死んだ当主の孫だ」という女性が入り込んで来たり、
もうこれ以上登場人物増やさないでくれーーーというくらい紛らわしかったです(笑)

相変わらずモモちゃんの育ちの良さにうっとりです。
やっぱり礼儀作法って大切なんだよなー。
そういうのが嫌味にならないのは素敵だと思う。
ちょっとボケてるんじゃないかと気にはなるけれど。

この表紙の絵も物語始まって間もなくのシーンですが
新幹線内でケータイ鳴らすのはどうなんだろうと思いましたが、
この凰華サンの表情がすべてを物語ってるので笑ってしまった。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する