2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.08.12 (Wed)

「誰かの家」 三津田信三



誰かの家 三津田信三

家出少年が、計画した空き巣狙い。悪乗りした友人が侵入先として見つけてきたのは、近所でも有名な幽霊屋敷だった。躊躇する少年に友人は、屋敷を隈なく探検してくれば金を出すという。設備は整っているのに生活感皆無で迷路のような屋内には、白いシーツをかけられた何かが、大量に置かれていた(表題作「誰かの家」)。日常生活の裂け目にある怪異が、チロリと顔を覗かせる。思わずぞおっと背筋が寒くなる怪奇短篇6篇を収録。(BOOKデータベースより)

【目次】
つれていくもの/あとあとさん/ドールハウスの怪/湯治場の客/御塚様参り/誰かの家


三津田さんのホラー。
三津田さんの本は怖い本は本当にシャレにならないくらい怖いです。
泣きます。

でも、この本はそうでもなかった。
良かった( ̄▽ ̄;)

いや、怖いんだけどどことなくリアリティがあって怖くなかった。
リアリティがある方が怖くないっていったいどうなんだろうとは思うんだけど、
私はまだリアリティのある怖さのほうがまだ怖くない(←なんのこっちゃ)

誰々から聞いた話ってことで、
「実はあれは○年前・・・」みたいな感じで語り口調になります。

どれもそこそこ怖いんだけど、御塚様参りの話にそれはそれはご丁寧に

五寸釘での呪いの藁人形のやり方を書いてます( ̄▽ ̄;)

道具がそろったら出来そうなくらい丁寧に。
きっとこういうのもあるんだろう。やり方&しきたり。
きちんと呪うには間違った方法じゃダメ。

それにしてもやっぱりホラーは夏に読むに限る♪


line16px_heart1_03.gif


まぁそんなこんなで、ワタクシigaiga明日から盆休みに突入します。
お出かけしたり家の事したりしなくてはならないので本が読めないんですよ~(;´Д`)
読書は普通に会社にいる時の方が進むので、会社が休みなのも善し悪しかな(笑)

ではまたお盆明け更新します(。・ω・。)ゞ
関連記事
13:40  |  三津田信三  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2788-676eeea9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |