2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.07.31 (Fri)

「アガサ・クリスティー賞殺人事件」 三沢陽一



アガサ・クリスティー賞殺人事件 三沢陽一

作家志望の青年は、新人賞に落ち続けることに絶望し、人生最後の旅に赴く。名前を棄て、家族を棄て、友人を棄て、わずかな金と数枚の黒い服、数冊の愛読書を黒いトランクに詰め込んだ。金田耕一、明田五郎、神沢恭一、星川龍一…古今の名探偵にちなんで名乗った偽名ゆえか、青年は行く先々で奇妙な事件に出会う。そして、旅が終わりを告げるかに思われた東京・信濃町のアガサ・クリスティー賞授賞式の会場でも悲劇は起きた!三沢陽一、有栖川有栖、東直己、森晶麿、青柳碧人、千街晶之、笹川吉晴等々、関係者が実名で登場する授賞パーティの最中に起きた殺人事件の真相とは?5篇収録の本格ミステリ連作集。(BOOKデータベースより)

【目次】
柔らかな密室/炎の誘惑/蛇と雪/首なし地蔵と首なし死体/アガサ・クリスティー賞殺人事件


微妙~

自身が「アガサ・クリスティー賞」を受賞したということで、
その会場で・・・殺人事件が起きるんだけど、
被害者は有栖川有栖(!!)なんだけど。
その殺害理由がまことに理解不能というか。
まぁだいたいこの手の殺人者の考えることは理解不能な事が多い。
作者の有栖川愛が表れてたと読書メーターでもありましたが、
有栖川ファンはここにもいるわけで。
自分だけがファンと思うんじゃない。と怒った(笑)
ただ、思うのは世の中の有栖川ファンっていうのは
だいたいが学生アリスが好きなんですねー。
確かに面白いし好きだしベースとなってるのかな。

それ以前の東北を巡る旅もまたなんとなくちぐはぐ感。
お寺の話は面白かったけどなー。
お寺の話はなんっていうか、こういう事もあるのかもしれないと思いました(^^)

関連記事
08:36  |  その他ま行の作家  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2781-5a14a936

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |