igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「からくさ図書館来客簿」 仲町六絵



からくさ図書館来客簿 仲町六絵

初夏。京都の一角に冥官・小野篁が館長を務める「からくさ図書館」が開かれてから、半年と少し。開館から変わらぬアットホームな佇まいの中、現世で道に迷う“道なし”と出会ったお客様を、その解決法を記した不思議な書物“偽書”にて篁は今日も救う。そんな折、篁が耳にしたのは、ゆかりの地・隠岐に現れた旧知の“道なし”の話だった。そして、旅立った篁の留守を預かる新米冥官・時子は、自らの道を選びとりー。悠久の古都で綴られる、ほろ苦くも温かいライブラリ・ファンタジー、第三集。(BOOKデータベースより)

【目次】
馬琴の謎かけ/金魚と琥珀/わたの原


表紙がどんどんと少女マンガチックになっているような気がしてなりません(^^;)

中身も少しほんわかしているかなー。
2話目の和菓子屋さんの話が好きでした。
金魚は上から見るのがいいらしい。
そういわれると金魚って上からの図案が結構多いですよね。

横からリアルに・・・というのはあまり見ない。
なるほど。
京都ではそういう和菓子もあるんだろうなーと羨ましく思いました。

3話目の阿児奈も可愛かった。
まぁ出会う時に出会えば怖いかもしれませんが(笑)


登場人物がキラキラしているのは置いておいて、
結構この本も小ネタが充実している気がします。
南総里見八犬伝とかさっきの金魚とか、割と面白い雑学に出会えるのが意外で面白く感じます。

このシリーズは主役になぜか惹かれてしまうワタクシでした。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する