igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「誓約」 薬丸岳



誓約 薬丸岳

愛する家族と穏やかな日々を過ごしていた男に、一通の手紙が届く。「あの男たちは刑務所から出ています」。便箋には、ただそれだけが書かれていた。(BOOKデータベースより)

帯のイメージとちょっと違ってたなー。

この人が書く本は毎回テーマが重いので続けて読む気にはなれず(笑)
「少年犯罪」「犯罪者」などよーーーーーく使われてます。


若いときにヤクザとトラブルを起こし、
偶然知り合った中年女性に借金をし、顔を替え戸籍を替え別人になることが出きた向井。
でも、その時にお金を貸す条件が、
「二人の男に殺された娘の仇をとってほしい」ってことでBOOKデータベースに続く。
という話なのだ。

今回も「元・犯罪者」「ムショ返り」の多い事!
登場人物が殆どそんな感じでした。

で、事件の黒幕には気づいたんだけど
その人がなぜ黒幕なのかという理由はわからず(←わかるか。そんなもん)
ただ、黒幕の正体がわかってからは読みやすかったです。

ラストに黒幕が語りだしたときには「そんなに重い話にするんだー」と驚きましたが
まぁそれなりにいい終わり方だったのではないでしょうか。

しかし、この手の話は読み終わるとお腹いっぱいになるのでしばらくは
遠慮したいところです(^^;)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する