igaigaの徒然読書ブログ

読んだ本の感想を気ままに書く読書ブログ。時々映画鑑賞。

「月光のスティグマ」 中山七里



月光のスティグマ 中山七里

この傷痕にかけて、俺が一生護る。あの夜、誓いを立てた幼なじみは、時を経て謎多き美女へと羽化して現われた。特捜部検事となった淳平と、疑惑の政治家の私設秘書を務める優衣。追い追われる立場に置かれつつも、愛欲に溺れゆくふたり。だがある日を境に、淳平に暗い疑念が膨らんでいく。優衣、おまえは本当は誰なんだ?阪神淡路大震災と東日本大震災。ふたつの悲劇に翻弄された孤児の命運を描く、究極の恋愛サスペンス!(BOOKデータベースより)

なんでアルジェリアなんだ(;´Д`)

なんなんだかー。
驚いた。

阪神淡路大震災を経験した人が、東日本大震災の時も・・・という人は多いと思います。
東日本の時は広範囲だったので。

しかしなんというか。
そこまでは良いとしても、その先が迷走している感じがした。

恋愛(というか腹の探り合い)要素よりも、そっちの方がメインで
しまいにはアルジェリア(;´Д`)

一体なんでー!?
そう思ってしまった。

もう少し波乱の展開があるだろうに、こんな終わらせ方だったら
別に双子と言う設定じゃなくてもいいじゃないの。
全くねぇ。
一体中山さんは何を書きたかったのか。
BOOKデータベースで言うところの
『究極の恋愛サスペンス』なのか。それとも
『アルジェリア』なのか。←こっちでしょ。

そんな1冊でした。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する