2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.06.18 (Thu)

「光秀の定理」 垣根涼介



光秀の定理 垣根涼介

永禄3(1560)年、京の街角で三人の男が出会った。食い詰めた兵法者・新九郎。辻博打を生業とする謎の坊主・愚息。そして十兵衛…名家の出ながら落魄し、その再起を図ろうとする明智光秀その人であった。この小さな出逢いが、その後の歴史の大きな流れを形作ってゆく。光秀はなぜ織田信長に破格の待遇で取り立てられ、瞬く間に軍団随一の武将となり得たのか。彼の青春と光芒を高らかなリズムで刻み、乱世の本質を鮮やかに焙り出す新感覚の歴史小説!!(BOOKデータベースより)

凄く面白かった(・∀・)

というのもですね、私は明智光秀の事を殆ど知りません。
ここ数年かなー。少~~しテレビか何かでやってたような。
「本能寺の変」のことだったと思いますが。

その光秀にスポットをあてた1冊。
随所に数学が出てきます。
数学と言うか算数か。

確率の問題。
サイコロを3個同時に振って6が出る確率とか、
4つの碗の中に石が入っている確率とか。
もちろん、作中に答えはあるのですが、4つの碗に関しては理解できましたが、サイコロに関しては理解できなかった( ̄▽ ̄;)
悔しい。
この本返却するまでまだ時間あるからもうちょっと勉強せねば。

で、新九郎と愚息(という名前の坊主)のコンビに出会った光秀。
光秀の成長もありますが、読んでると新九郎も成長していきます。
新九郎の成長を読んでいるのもほほえましい。

最後に光秀が死んでから15年後という設定で、「本能寺の変」を新九郎と愚息が振り返るんだけど、そのシーンも好きです。
あくまでも過ぎ去ったこと。
時代の波には逆らえない。

ただ、思うのは光秀という人は戦国時代に生まれなかったらもっと上手くやっていけたのかなと思います。
真面目過ぎた感じがする。

今日zip見てたら、「本能寺の変」というリズムネタをする2人組が出てて、
それこそ昨日読み終わったばかりのこの本の復習のごとくでした。
笑ってしまったけど、要するにそういうことよね。
関連記事
09:10  |  垣根涼介  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2752-d90b2e27

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |