2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.08.03 (Mon)

「白鳥異伝」 荻原規子



白鳥異伝 荻原規子

遠子と小倶那は双子のように育った。都に出る日、小倶那は誓った…必ず遠子のもとに帰ると。けれども小倶那は「大蛇の剣」の主として帰り、遠子の郷をその剣で焼き滅ぼしてしまった…。「小倶那はタケルじゃ、忌むべき者じゃ」大巫女の託宣を胸に、何者にも死をもたらすという伝説の勾玉の首飾りを求めて旅立つ遠子。だが、ついに再び会う日が来たとき、遠子の目に映った小倶那の姿は…?神代から伝えられた「力」をめぐって、「輝」の未裔、「闇」の未裔の人々の選択を描く、ヤマトタケル伝説を下敷きにした壮大なファンタジー。10代から。(BOOKデータベースより)

菅流が超ーーーーーーカッコ良くてしびれた(笑)
こんなにパーフェクトな人っているんだー。というくらい
何もかもがスマートでいいです(^^)
しぐさや行動に余裕があり、実は大変なのかもしれないけど
その大変さを見せず、敵味方になった遠子と小倶那とも行動できる。

いない・・・

こんな人いない・・・

と、主役2人そっちのけで菅流に夢中になりました。
なので、菅流が登場するまではやっぱりなかなか進まなくて(笑)
菅流が登場したら怒涛の一気読み。

遠子が途中失速するとは思わなかったー。
もう少し強くたくましい女の子だと思ってましたが
そこはちょっと意外だった。

シリーズもう1冊残ってますが、菅流みたいなパーフェクトな男性が
また登場するのかどうか(〃ω〃)
そっちに期待します(笑)
関連記事
08:49  |  荻原規子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2746-8b476a35

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |