2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.09.02 (Wed)

「薄紅天女」 荻原規子



薄紅天女 荻原規子

東の坂東の地で、阿高と、同い年の叔父藤太は双子のように十七まで育った。だがある夜、蝦夷たちが来て阿高に告げた…あなたは私たちの巫子、明るい火の女神の生まれ変わりだ、と。母の面影に惹かれ蝦夷の国へ向かう阿高を、藤太と仲間たちは必死で追う。そして「私は阿高を捜しに来た」と語り、追跡に加わる都の少将坂上田村麻呂の真意は…?一方西の長岡の都では、物の怪が跳梁し、皇太子安殿皇子が病んでいた。兄を救いたいと思いつめた十五歳の皇女苑上は、少年の姿をとって「都に近づく更なる災厄」に立ち向かおうとするが…?巫女の力を受けつぎ勾玉を輝かせる「闇の末裔」の少年と、「輝の末裔」の皇女の運命の出会いと、神代の「力」の最後の火花とをきらびやかに描き出す、待望の「勾玉」三部作完結編。10代~。(BOOKデータベースより)

このシリーズは長い(笑)
長いので途中までが苦しい。
途中を超えるとあとは面白くなってくるのでサクサクと読めます。

ラストは胸キュンで泣けた。

良かったねーと。

とりあえずラストがよいと嬉しくなります。

でも個人的に面白かったのは2作目の白鳥異伝でしたねー。

坂上田村麻呂って殆ど知らないんだけど。
アテルイも「カンナ」で読んだ割には忘れたー。
適当すぎる読書。

無空はその後の空海らしいですが、
こうみると空海をモデルとする小説の登場人物って多いなー。
その昔は宇宙皇子にもあったよな。
どうしてそんなにモデルになるのか。
彼にどんな華があるのか。

それとも使いやすいのか(笑)

関連記事
08:37  |  荻原規子  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2745-60277198

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |