2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.05.22 (Fri)

「消えない夏に僕らはいる」 水生大海



消えない夏に僕らはいる 水生大海

5年前、響の暮らす田舎町に、都会の小学生たちが校外学習で訪れた。同学年の5年生と言葉を交わすうち、彼らを廃校に案内する。きもだめしをすることになった響たちは、ある事件に遭遇し、一人の女子が大怪我を負ってしまう。責任を感じ、忌まわしい記憶を封印した響だが高校生活に希望を抱くなか、あの日の彼らと同じクラスで再会するー少年少女の鮮烈な季節を描く、青春冒険譚。(BOOKデータベースより)

なぜか一気読み。
めちゃめちゃ集中して読みました。
特にミステリーとか、特に青春冒険とかでもないんだけど、読んでて面白かったなー。
読み終わって何かが残るとかではなかったけどね。

田舎で差別や偏見が支配し、苗字を変えて生活するしかなかった響。
高校に入ると誰も自分を知る人がいないと思って入学したら
その教室には一番会いたくなかった5年前の事件の当事者たちがいた。

小学校5年生の時の事件はこれは大きいだろうなー。
それを高校1年になっても引きずるかというと、

引きずるよな。

でも、面白かった。
クラス委員の女子がうざいことこの上ありませんでしたが(笑)
こういう人いたらイヤだなーと。
でも、面倒な事は全部やってくれそうだけどいちいち煩いからイヤだ。やっぱり(笑)

関連記事
07:06  |  水生大海  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2733-c5ff1d4a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |