2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.06.25 (Thu)

「バチカン奇跡調査官 原罪無き使徒達」 藤木稟



バチカン奇跡調査官 藤木稟

熊本・天草において、真夏日に大雪が観測され、天空に忽然と巨大な十字架が浮かび上がった。時期を同じくして近隣の海で遭難した海洋冒険家は、こう語ったというー「美しい黒髪の天使に救われた」。平賀とロベルトは奇跡調査を開始するが、隠れキリシタンの信仰が色濃く残る天草の地には、さらに謎めいた怪異と暗号が伝えられていた。「さんしゃる二、こんたろす五」の文が示す天草四郎伝説の真実とは!?大人気シリーズ第9弾。(BOOKデータベースより)

今回は舞台が日本ということでとても楽しめました。
天草四郎&隠れキリシタンがテーマ。
高田作品(カンナ)で勉強(?)してたので、「天草四郎って高田さんの解釈では○○なんだよなー」と思いながらも読み進めました。

いろいろな読書の積み重ねって大切。
こうして、違う本を読んでも以前読んだ本を思い出し、
少しずつ賢くなっていく自分を感じる今日この頃ではあります(笑)


面白かったです。
「奇跡調査」に関してはまぁいつも通りのラストまで来て「あれ?」ですけどね。
なんというか、奇跡調査って終わりアッサリすぎて・・・
ただ、やっぱり日本が舞台だといろいろと理解しやすいところもあって面白かったー。
物語的には動いているんだか動いていないんだかよく分からないけどw

民俗学的な部分も沢山出てましたのでかなり好みの1冊でした。


関連記事
09:35  |  藤木稟  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2727-0af43f0e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |