2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2015.07.08 (Wed)

「0能者ミナト <4>」 葉山透



0能者ミナト 葉山透

豪華客船に現れる船幽霊。柄杓で水を撒くだけの時代錯誤な怪異に巨大な船を沈められる訳がない。湊が依頼を受けたのは言うまでもなくークルーズを楽しむためだった。ユウキと沙耶は湊に見切りをつけ、早々に事件を解決。これで大っぴらに遊べるとばかりに、湊は泥酔しカジノで暴れボヤ騒ぎまで起こす始末。だが、怪異は終わっていなかった。巨体を誇る豪華客船が傾き始めたのだ。裏に潜む本物の怪異の仕業か?転覆寸前の極限状況の中、湊の科学的推理が始まる。(BOOKデータベースより)

BOOKデータベースには「科学」とあるけど、私は「化学」の方かなーと思った。
多くの女子たちと一緒で理科が苦手のigaigaでございます(。・ω・。)
最後の解決編なんて何言ってるんだか全く理解できなかった(爆)

しかし豪華客船っていいねー(〃ω〃)
一度乗ってみたいわ(←まぁ無理だろうけど)

そんな豪華客船に柄杓を持った船幽霊がでるってどんだけアナログなんだ。と思いました。
そのアナログな感じと、化学な感じで混乱します。

湊が化学的に解決するのですが、結局化学で解決できないこともあります。
それはやっぱり幽霊でありまして。
そこがね、このシリーズの不思議なところです。
全部「幽霊なんていないんだ」ということで科学的に解明するのかと思いきや、
そうでもない。

不思議だ。
関連記事
08:18  |  葉山透  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://igaiga38.blog9.fc2.com/tb.php/2719-08c91129

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |